2017年04月21日

砂の器


◆YouTubeで松本清張作の「砂の器」を久し振りに観ました。
それ以来・・連日もう一度・・・ピックアップで観ている!
この作品は最初本で読んで・・もう〜45年前か?
その後映画化されて〜勿論テレビなどでも〜何回も観ている。
名作は何度見ても良いですな〜。

「松本清張推理小説」は何時も最後は意味深い終わり方をするのが特徴だ。
めでたしめでたし・・で終わらないのだな!

加藤剛さん緒方拳さん・・また見てみましょうかね。

亀嵩・かまた・「宿命」・・素晴らしい!


posted by 貝ちゃん at 21:08| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アートな眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
砂の器は、映画も本も見たことが無いのです。
とても面白そうですね。
(#^.^#)
Posted by 凪々 at 2017年04月22日 10:06
◆凪々ちゃんへ
作者の松本清張氏や作品の「砂の器」を語ると年代が、・・汗、ですね。
しかしこの物語は日本の過去の過ちを検証し反省するのには相応の価値が有ると思います。
すばらしい作品は不滅ですね。
Posted by 貝ちゃん at 2017年04月22日 18:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック