2012年10月20日

徳永英明「夢はよるひらく」

■ひさぶりに国営放送ラジオを・・聴いていた。
「徳永英明」さんがカバーし歌いまするは「昭和の楽曲」。
若かりし頃に流行った歌・・それをカバーし流れていた。
今・・ブレイクしているそうで、オラは徳永英明って名前も初めて・・聞いた訳である。
独特の歌唱で・・個人的には惹かれるモノが有った。

★此方はyoutubeです。
画像を添付するとファイルが大きくなってしまうので、下のURLをクリック願います。

http://www.youtube.com/watch?v=HIjm4HHsi84&feature=relmfu

最近若い方の音楽は余り聴く事が無い・・ユックリした時間に聞くには良いかもね。
ってゆうか?懐かしい・・わいな。
posted by 貝ちゃん at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽曲アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

ハヴァ・ナギラ THE SPOTNICKS

るんるん


■GS(グループサウンド)全盛期時代に有った「THE SPOTNICKS」ザ・スプートニクスという、グループがレコードのA面には「霧のカレリア」をプレスして人気を博していたのですが、そのレコードのB面にこの曲「ハヴァ・ナギラ」が配されていました。
イスラエルの民族ダンス音楽として著名なのだが〜此処ではB面・・A面級の曲で、オラはこのハヴァ・ナギラも結構好きな楽曲の一つだ。

因みにA面の「霧のカレリア」は此方ですな。



どちらもエエ曲出んな〜今となっては輝く昭和の香りがする〜〜〜っ。
posted by 貝ちゃん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽曲アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

3丁目の夕日64’を観る

3丁目の夕日ー023丁目の夕日ー03

■昭和33年代の時代を背景にした映画「3丁目の夕日64’」を女房君と観に行った。
映画館で観る映画は先の「おくりびと」以来だから〜久しい!
テレビで1&2を観て〜次回作が1月21日放映・・もう公開が終わろうとしている時期ではある。

泣いた!・・いや〜はや泣きましたな〜良い映画だ・・ってゆうか?この時代背景はオラの10代の頃。
東京オリンピックは昭和39年で新幹線の「O系」もこの頃出発した。
大阪に居たのでオリンピックは観ていないが〜「開催旗」は懐かしいものだ。

映画館で観たいと思う映画はやっぱ・・良いできだ。

★写真はwebのユーチュウブ[「予告編動画」からお借りしました。


posted by 貝ちゃん at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽曲アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

ポールモーリア氏の誕生日



====音楽が流れます====
■今日は指揮者・作曲家のフランスのポールモーリアさんの生誕日である。
(2006年11月3日歿)

恋は水色・オリーブの首飾り等の楽曲がある。
最近は生でオーケストラを聴きに行く事は無いが〜若い頃は結構・・行ったものだ。
ひろーいコンサートホールで機会が有れば行って観たい。




posted by 貝ちゃん at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽曲アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

エル・チョクロ


■偶にはこんな楽曲を・・と聴いていた。
超一流の奏者・・素晴らしい♪懐かしい羽田先生。
posted by 貝ちゃん at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽曲アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

日野てる子さん「夏の日の思い出」


■暑い夏はハワイアンが、ここちええですな〜。
昭和38年高校生位の年に、(ぐらいのとし)この歌がデビューした、ハワイアン全盛時代の幕開けだ。
彼女の声を今聴くと・・当時の歌唱が時代を彷彿とする。
クーラーやパソコン・Ipotもねぇ〜時代だ。
最近は「ハワイアン」が、フラダンスと共に多くのフアンを要している。

近年63歳の若さで逝去された。

画像のコンサート会場で彼女の生を聴かれた方も、お出でなんでしょうね。
posted by 貝ちゃん at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽曲アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

Plein Soleil 太陽がいっぱい


■いわんや「アランドロン」主演の懐かしい映画主題曲「太陽がいっぱい」である。

私の十代・・こんな曲を聴いていた。

勿論映画も何度も観ました・・劇的な浜辺のラストシーンは、虚構の栄華が脆くも(もろく)崩れ去る。
印象的に私の老いぼれた脳裏に、今も鮮明に刻み込まれました。

少し涙が・・、遠い〜〜〜若い頃の時代を・・彷彿、蘇らせられました。
posted by 貝ちゃん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽曲アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

ヨーデルUSA 


■アメリカ(?)のビックリショーみたいなサイトで披露されている12歳の少女が歌いまする華麗なヨーデルをお楽しみくださいませな。
名前は=Tayior Wareちゃん(?)・・か?

審査員諸氏のオーバーアクションがアメリカ的で凄い!

★追記 再生回数が1000万回=Tayior WareさんはUSAで有名なヨーデルシンガーかも?
再生回数の訂正=現在4月29日・・1000万回をオーバーしています。)


ヨーデルの裏声は世界共通語だ。

Crazy yodeling・・って日本語に翻訳すると?ひらめき
posted by 貝ちゃん at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽曲アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

ウイリー沖山さん「山の人気者」


■日本のヨーデル歌手の第一人者である「ウイリー沖山さん」が今日も元気に奏でられまするは、ヨーデル=声がよ〜でる(よくでる!)山の人気者・・である。

先週金曜日に、某国営ラジオ放送に出演されていた。
朝の4時代(?)だったので・・その清清しいヨーデルの声に目が覚めましたな♪
ウイリー沖山さんの得意の楽曲等があって素晴らしいコーナーだった。
posted by 貝ちゃん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽曲アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

片山誠史=カントリーヨーデルは素晴らしいのだ。「アルプスの少女」


■アルプスの牧場を(まきば)連想する歌声に「ヨーデル」がある。
裏声を駆使して歌うとあら〜ら不思議・・気分は大草原の牧場で聴こえてくるようだ。
posted by 貝ちゃん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽曲アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする